アパレル業界からの物流~自分のマッチするスタイルをチョイス~

作業工程を任せる

一貫した作業を依頼できる

delivery

アパレル業界は、日本の中でもかなりの割合を占める一大産業となっています。機械化が進んだ事で、大量生産が可能になると、取り扱う量についても、莫大な商品が取り引きされるに至っています。 入れ替え回数、種類、量、どれをとっても大きく動く事になるのがアパレル産業でもあります。各段階で作業に従事する手間も大きいため、アパレル物流サービスを利用している業者も多くなっています。海外との取り引きが盛んな商社などがアパレル物流サービスを利用しているケースもあります。 アパレル物流として、一貫した管理をしてもらえれば、その度毎の手間を省く事ができます。商品化するまでの工程を、一貫して専門業者に任せる事ができます。倉庫などの保管場所を探したり、商品になるまでの検品、その他の作業を依頼する事が可能になるのがアパレル物流です。

検査や袋詰めなども行う

アパレル物流については、立地の良い場所での利用が多くなっています。しかし、請け負うサービス内容については、専門業者によって違いがありますので、希望に応じて業者の選択をする必要があります。 商品の保管だけでなく、検品等までを行うのは一般的なサービスになっています。エックス線検査であったり、磁気による検針、外観目視検査などが実施される場合もあります。実際に商品として店舗に並ぶ、あるいは通信販売される場合にも、商品化するための工程があります。袋詰め作業や値札付け、シール貼りなどの作業が伴う場合もあります。この様な細部にわたる作業についても、請負範疇となってサービスを提供している業者も見られます。アパレル取り扱い業者の手間をいかに省けるかが、アパレル物流のサービス内容テーマにもなっています。